当院の治療実績

「肩こり」

Tさん(56歳)

金融関係勤務、激務が続いてある日突然「寝違え」となる。当院に来院されて「寝違え」は治ったもののお話を伺うと激しい目の疲れと肩こりが20年以上続いているとのことでした。
特に肩コリは週の後半には肩甲骨のあたりにビリビリと痺れるような感覚を訴える程ひどい状態でした。

肩コリは治療してもそれ以上のストレスで、一週間程するとかなり元に戻ってしまうのですが、徐々に改善し、現在では忙しい時期に肩こりが強くなることはあっても肩甲骨の痺れは殆ど感じなくなり、それに伴い激しい目の疲れも和らぎました。
肩コリは一般的な症状ですがそれに伴って起こる頭痛や眼精疲労は生活の質を著しく落とします。少しずつですが改善していきますので是非ご相談ください。

「五十肩」

Oさん (62歳)

半年以上前から肩が痛み、寝ている時や、服を着るときにズキッと痛みが走る。整形外科等に通っていたが痛みが良くならないので、勇気を出して来院とのこと。

週に二回、一ヶ月目で夜中の痛みはほとんど感じなくなる。3ヶ月で日常での動作では痛みを感じなくなる。
来院時すでに肩が若干固まっていたため、手を動かせる範囲は大きくは変わりませんでしたが、完全に固まってしまう状態になるのを防ぎ、痛みでできなかった日常生活動作をできるようになりました。

「腰」

Jさん 女性(58歳)

電車を降りようとしたところ、後ろから来た人にぶつかられて転倒しその日から立てないような激しい腰の痛みを感じるようになり、整形外科等を受診して「骨に異常はないといわれ」湿布を貼り続けて一週間した所でいらっしゃいました。

かなりハードなIT関係の仕事をしていらっしゃいましたが、現役で働き続けたいし、仕事も休みたくない。通勤時間がともかくつらくて、座っていても脂汗が出てくるような状況でともかく痛みを減らしたいという希望でした。 

骨に異常はないのですが、腰の筋肉が一枚板のように張ってしまい、お尻から足にかけてその硬さが繋がっているような状態でした。 足先から、副交感神経が優位になるように鍼をしていくと少しずつ板がほぐれていき、週2回の治療を一か月したところ通勤に支障がないレベルまで回復されました。
ともかく、お忙しい方で全く休みなく働き続けながらの治療でした。

「坐骨神経痛」

Hさん(65歳)

冬に足が痛みだし、病院では「坐骨神経痛」との診断を受けた。本人が長期間の治療も覚悟して来院されたため、こちらもそのつもりでいたが、約4回の治療でほぼ痛みは治まりました。

痛みのもっとも根本的な原因が筋肉などにあり、「坐骨神経痛」状態の痛みが発生していて、鍼治療で腰部が緩んだ結果、予想以上の速度で治った例です。 医学的に正確に言えば『神経痛』という表現は正しくないそうですが現在では便宜上広いいみでつかわれています。)
このような病院でついた病名と予想外の結果が出るような、症例の予後の推定をより確実にできるように、もっと勉強しなくてはと心に刻まれた患者さんでした。

「膝」

Jさん 女性 60代

営業のお仕事を長年なさっており、今年に入ってから急に階段を降りるときに膝の内側が痛むようになってきました。

膝の痛みには『痛む場所』『原因』によって様々な治療パターンがあるのですが、この場合は長年の営業での『膝の消耗』と年齢による『内臓の力の低下』が原因と考えられました。

あまり知られていませんが、東洋医学では『膝』と『内臓』は深い関係にあると考えるので、膝のみの治療ではなく全身的な治療を行う事が多いのです。 症状がそれ程ひどくなく、痛みだしてから直後にご来院いただいたこともあり、週一回の治療で3カ月程で、順調に回復されてまったく痛みを感じないようになられました。
現在でも、季節の変わり目や頑張りすぎたときは、膝が痛む事がありますが1~2回治療すると直ぐに回復され元気に働いておられます。

「花粉症」

Sさん 女性 30代

「小青竜湯」という漢方薬の服用と鍼灸治療を併用して受けており、涙や鼻水、くしゃみは治まっていたのですが、目のかゆみと目の周りの火照り感がとれないとのことで来院されました。

この患者さんの場合は「小青竜湯」で余分な水を取り除いて、くしゃみも止まっていたので、花粉症の主要な症状はとれている状態でした。
この残りの症状については花粉症というよりも、熱が上に登ってしまい足元が冷える「冷えのぼせ」が原因と判断しました。
鍼に敏感な方でしたので触れる程度の浅い鍼と、足に棒灸という葉巻のような灸であぶるような治療を中心に行いました。

その場では症状に大きな変化はありませんでしたが、家に帰ると外を歩いたにもかかわらず、足の冷えは亡くなり、目の症状が全くなくなったそうです。足の棒灸は熱く感じるものですが、火傷もなく、冷えにもよく効きます。

このページの先頭へ

松原訪問リハビリ治療院

ご案内

診療時間

午前9:00~午後9:00 (受付8時まで)
木曜日午後休診、日曜日応相談
急な往診は深夜でも応対いたします。

完全電話予約制

電話 048-474-6845
携帯 080-5096-0376
往診で不在の折、携帯にかけていただければ折り返しご連絡いたします。

メール

お問い合わせフォームへ

所在地

〒353-0006
埼玉県志木市館2-1-7-603
詳細は地図・アクセスのページへ